エクササイズ前にボディマッピング。
骨模型ジュリーちゃんをモデルに、
各自、頸椎から始まって、肺、鎖骨、肩甲骨、胸椎、肺、腰椎、腸骨、仙腸関節諸々を
手で触って確認。

第1頸椎は思ったよりも高い位置にあり、それが明確になるだけでスカッと頭が高くなりました。
肺は胸椎の1番から8番辺りまで。こちらも想像以上に大きく、
絵で見ると「うわ~でかッ!」と、この瞬間から呼吸が深くなります。
明確なイメージが頭に入るだけで体が反応します。

マッピングで諸々の位置、動く方向が確認出来た上でエクササイズ。
より体を正確に使うことが出来、更にエクササイズで関節包の滑りも良くなっているので、
動きの精度がぐんと増します。
この段階でバーレッスンをすると可動域が上がってるわ、ルルベが高くなるわで、
物凄くバレエが上達した気になります(*^^)v いや実際にそうなってるので;
ただ、時間が経つにつれ元の状態に戻ってしまうので、
エクササイズは出来るだけ毎日行いたいところ。

毎日といえば、朝起きぬけエクササイズの宿題を出しましたが、
実際に毎日実行する人はさていかに?次回成果報告を聞くことにします。



# by lesson-note | 2018-04-17 02:10 | JSAボールエクササイズ

バーレッスン、
ほぼ毎回しますが、内腿にスモールボールを挟んでのルルベ。
内腿の感覚が入っているのといないのとで、体の芯の伸びやすさが変わることを確認。
この感覚を、スモールボールを使わなくても持続できるように。



# by lesson-note | 2018-04-15 02:30 | 日々のレッスン

寝姿勢でのプリエをおさらい。
ガツッと前腿を固めてのプリエになり傾向です。
(そもそも重力負荷が無いのでそんなに負荷はかからないハズ;)
腿を鍛え上げたい場合はいいのですが、
この時間では体の一部分でなく全身まんべんなく使いたいです。
呼吸とタイミングを合わせると力の分散が出来、丁度良い力加減になります。
なので呼吸は積極的に使います。
立位でも同様に。



# by lesson-note | 2018-04-09 10:56 | 日々のレッスン

センターレッスン、
ゆっくり&シンプルなポールドブラ。
上体の大きな動きに足元が取られないよう、足底から頭のてっぺんまでの芯を作ります。
なので足底の感覚がかなり重要です。
感覚を鍛えるには、やはりプリエ、タンジュは必須です。



# by lesson-note | 2018-04-08 01:59 | 日々のレッスン

カテゴリを追加しました

JSAボールエクササイズ

”日々のレッスン” から独立しました。
毎回のレッスンを記録しますので、様子をお知りになりたい方は覗いてみて下さい。


# by lesson-note | 2018-04-06 23:33 | お知らせ