人気ブログランキング |

エクササイズの最初は姿勢と呼吸を確認。
試しに、わざと猫背にしたり、胸張りにしたりの呼吸。
横隔膜、胸郭が正しく動かせなくなり、
これだけで呼吸が浅くなることが分かります。

バレエを踊る上でも、呼吸は重要です。
浅い呼吸で動き続けたらたちまち酸欠になります。
表現においても、呼吸を使った動きは安定感があり、少しの力で大きな表現が出来ます。
なので、正しい姿勢と呼吸が出来ることは絶対です。

体が柔らかい人ほど、胸郭が上手く使えないことが多いです。
体が曲がるからといってバッタンと勢いよく倒さず、
肋骨一本一本に意識を入れ、扇を開くように、閉じるように動かします。
意外に難しいですよー;

エクササイズを継続されている人の姿勢がどんどん変わってきています。
姿勢が変わると動きの質も格段に変わりますね。
次回はどれだけ変わってくれるかな?と、楽しみでもあります。


by lesson-note | 2018-02-26 22:48 | JSAボールエクササイズ

レッスンの仕上げ、クロスラインを使ったグランバットマン。
一歩ずつ進みながら、右足と左手、左足と右手を交互に上げる、
と、一見シンプルな動作ですが、手足だけ動かそうとするとブレます。
一番意識を向けないといけないのは何処?を常に。



by lesson-note | 2018-02-25 03:20 | 日々のレッスン

今回は、ウェイトを手に巻いて使用。
ウェイトの重さを背中でキャッチ。体幹の安定感が得られます。
肩や腕を鍛える訳でないので注意。
次週も引き続きウェイトを使ってエクササイズを行います。


by lesson-note | 2018-02-19 10:05 | 日々のレッスン

ルルベ(軸の引き上がり)の練習。
今回は、背中に意識を入れました。

足指の力のみでルルベをしようとすると、
全体重が足指に乗ってしまって、重心が限りなく下がります。
背中を上へ上へと上げ、同時に足で床を押します。
体がフッと浮かび上がります。
それには、思った以上に上半身の強さが必要ですヨ。


by lesson-note | 2018-02-18 01:27 | 日々のレッスン

セルフマッサージの道具

しばらく保留にしていたマッサージボールをやっと購入。
ゴムボールが2つ連なったような形です。

d0142282_14451064.jpg

マッサージ用に購入したグッズは既に何種類かあるのですが、
流行りものも知っておかねばですね、、

早速、腰のマッサージ。

くーひーっっ!!

めちゃ効きました。。すっかり腰痛には縁の無くなったのをいいことに、
いつの間にこんなにも腰に疲れを溜め込んでいたのかと驚きました。
メンテナンスは毎日必須。と人には散々言ってるのになぁ、、反省。

ところで、
今でこそ“筋膜”が頻繁に取り上げられ、
セルフマッサージ用の道具も種類が豊富になりましたが、
少し前の流れで、フォームローラーをマッサージに使用していたことがありました。
全身にゴロゴロ使用出来るので、自身も一頃頻繁に使っていた時期がありました。

ただ、フォームローラーは本来エクササイズ用に作られていて、
マッサージ用には作られていません。(←ココ重要)

体のことをよく分かっているアスリート、パフォーマーならともかく、
そうでない方が自己流で使って、誤って体を傷めてしまう危険性があります。
最悪、頸椎、腰椎損傷レベルでしょうか。
(脅しちゃったけど、あり得ます。)
なので、今ではもうフォームローラーをマッサージに推奨するスポーツ施設や
スタジオは無いのでは?

コンディショニングでご飯を食べている身としては、
流行りものをそのまま受け流しするのでは無責任です。
大きなこと、小さなことでも、正しく見極めて正しく伝えなければですね。
今更ながらですが(汗)

by lesson-note | 2018-02-14 14:58 | からだの使い方

足先にウェイトを付けてのレッスン。
最初の頃は(といっても最近)、うぇ~重たい!!の声が諸々上がっていましたが、
慣れてきたのか、サラサラ動いています。
体幹の安定感が出てきました。
次段階で、座位のエクササイズで背中のラインに意識が入るようになるともっと良しですね。



by lesson-note | 2018-02-12 13:13 | 日々のレッスン

バーレッスン、中心軸の引き上がりを練習しました。

スモールボールを両内腿で挟んで、ポジション立ちとルルベ。
左右均等な力でボールを挟みながら立ちます。
真ん中に集まった力を上へ上へ伝え、更に土踏まずを使ってルルベに。
キープしようとして腿を固めると上への力が遮られるので、
まずはバーに掴まったままで。

バレエ初心者さんでなくても有効な引き上がり感覚の練習法です。
慣れてきたらバー無しで。



by lesson-note | 2018-02-11 01:58 | 日々のレッスン

今週のバレエ塾、バーレッスン前にハムストリングのリリースなるものをしました。

道具はテニスボールと手。
ターゲットは、内側ハムストリングと外側ハムストリング。
両者が確認出来たら、テニスボールで押圧をかけ、そしてやさしく裂きます(え~~!)

前屈、若しくは長座が苦手なメンバーですが、
膝裏が伸び、前屈が容易になりました。OKーOKー

時間は片脚でほんの1分少々、両脚でたったの3分弱です。
頑固そうなハムストリングも、こんな短時間で反応するのですねー

実際には、ハムストリングの本来の長さに戻しただけなのでどこも傷めません。
寒い日のウォームアップついでに、それに肉離れ防止にはもってこいです。

注意すべきことは、力づくでハムストリングを何とかしてやろうとしてはなりません。
手指で"やさしく"が重要。こーんなに弱くていいの?位が丁度良いです。


by lesson-note | 2018-02-09 23:49 | からだの使い方

冬の朝クラスはウォームアップから。
体を温め、全身の繋がりを作ってからバー・オ・ソル、と、回り道をしつつ
プリエの段階で体軸が出来ていると気持ちよく動けます。
ということで、体軸キープを多めに入れました。

ちなみにキープは固める、でなく、呼吸を使って軸ラインを引き延ばす、です。
動脚に意識を取られ過ぎないよう。

暖かくなったらウォームアップは短めに、
バー・オ・ソルで体が汗ばむ(冷や汗?)位に動いていきます。


by lesson-note | 2018-02-05 10:27 | 日々のレッスン