カテゴリ:日々のレッスン( 1351 )

床上プリエ、普段の倍ゆっくり行いました。
膝を伸ばす時に、足底で床を擦って爪先ポイント。甲を出す為に土踏まずをよーく使います。

ひい~っと、攣った叫びが聞こえてきますが(笑)、
甲は伸びたいのに、土踏まずが対応し切れていない証拠ともとれます。
攣らなくなる為にもお家で床上プリエを是非。寝ながら出来ますヨ。



by lesson-note | 2018-04-30 00:02 | 日々のレッスン

ポールドブラ、
チェケッティのメソッドにて。
シンプルな分、軸、重心、統一感をよーく感じながら。

足底から頭の先、手の先までの繋がりを作るためにも、
内腿を締めてポジションでしっかり立つのが前提です。



by lesson-note | 2018-04-22 09:16 | 日々のレッスン

2018年5月のスケジュール

 10:45~12:15 シンプルベーシック
  14:00~15:30 50代からのバレエ塾(専)

 19:00~20:30 シンプルベーシック

 10:45~12:15 ベーシック・ベーシック
  12:25~12:55 プレ・ポワントorポワント(特)
  14:00~15:30 50代からのバレエ塾(専)

 20:10~21:40 ベーシック・ベーシック

 11:00~12:30 シンプルベーシック
  13:30~15:00 プレ・バレエ
  15:15~16:45 初級
  17:00~17:30 ポワント(特)

  9:30~10:45 フロアバレエ
   11:00~12:30 ベーシック・ベーシック
   12:40~13:10 プレ・ポワント(特)
   15:30~17:00 バー・ワーク(専) 予約 13日
           JSAボールエクササイズ(専) 予約 27日


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【専門クラス】
 『JSAボールエクササイズ』 5月27日(日)15:30~17:00 予約制

【新クラス】
 『バー・ワーク』 5月13日(日)15:30~17:00 予約制

◎ゴールデンウィークレッスン
 5月4日(金)11:00~ストレッチーズtoバレエ
 5月6日(日)11:00~四羽の白鳥大会


<お休み>
 5月3日(木)、8日(火)、9日(水) 全クラス


※クラス・料金詳細は、スタジオHPにてご確認下さい。
  アルファ コンディショニングバレエ


by lesson-note | 2018-04-20 10:35 | 日々のレッスン

バーレッスン、
ほぼ毎回しますが、内腿にスモールボールを挟んでのルルベ。
内腿の感覚が入っているのといないのとで、体の芯の伸びやすさが変わることを確認。
この感覚を、スモールボールを使わなくても持続できるように。



by lesson-note | 2018-04-15 02:30 | 日々のレッスン

寝姿勢でのプリエをおさらい。
ガツッと前腿を固めてのプリエになり傾向です。
(そもそも重力負荷が無いのでそんなに負荷はかからないハズ;)
腿を鍛え上げたい場合はいいのですが、
この時間では体の一部分でなく全身まんべんなく使いたいです。
呼吸とタイミングを合わせると力の分散が出来、丁度良い力加減になります。
なので呼吸は積極的に使います。
立位でも同様に。



by lesson-note | 2018-04-09 10:56 | 日々のレッスン

センターレッスン、
ゆっくり&シンプルなポールドブラ。
上体の大きな動きに足元が取られないよう、足底から頭のてっぺんまでの芯を作ります。
なので足底の感覚がかなり重要です。
感覚を鍛えるには、やはりプリエ、タンジュは必須です。



by lesson-note | 2018-04-08 01:59 | 日々のレッスン

祝祭日レッスン 3月21日

午前=シンプル・バー&センター、午後=初中級と、
各クラス後にフットケア。

シンプル・バー&センターは、ゆっくりめのテンポでシンプルな動作に集中。
内腿を締めました。(締まってる筈)

初中級は、普段の初級の応用にて。
フラッペ、アレグロではかなり苦戦。今後要鍛錬ですね。

フットケアは、レッスン後のケアの方法を。
脛骨、腓骨、踵骨、腸脛靭帯の場所を確認しながら、
自分の手を使ってマッサージをました。
人任せ、器具まかせにせず両足の状態を手に伝えます。
時間、強さをどの程度にしたら良いかが分かってきます。

フットケアについては、改めて「ポワントと足の記録帳」に書きしたためます。



by lesson-note | 2018-03-22 02:23 | 日々のレッスン

内腿を張る、のエクササイズを多めに。
内腿だけで頑張ってもダメで、殿筋、背筋、腹筋その他総動員します。

何はともあれ背軸を通して全身の伝達を良くするのが前提。
仰向け寝姿勢で接地している背面への意識を通します。
これだけで安定感が増し、内腿を張るのが容易になります。



by lesson-note | 2018-03-19 12:41 | 日々のレッスン

グランプリエ時のアライメントを整えました。

分かりやすいところで、1番グランプリエで。
ポジションで立つ所からでなく、
グランプリエをした状態からアライメントを修正。
コレって、ほぼ蹲踞の姿勢ですね、、
股関節を開くというより、上半身を引き上げる方を頑張ります。
骨盤が立ち上がり、股関節が開き易くなります。
普段のグランプリエも要領は同じです。



by lesson-note | 2018-03-18 00:41 | 日々のレッスン

マット上でのフレックス~ドゥミ~ポイント、
体重が乗っていない状態なので、ふくらはぎへの負荷をかけません。
(というか、かからない筈。)
ここで特に使いたいのは土踏まず~足指の付け根。
くれぐれもアキレス健を縮めて爪先を伸ばそうとしないよう。足首を固くします。
同時に上体の引き上げも忘れずに。



by lesson-note | 2018-03-12 01:07 | 日々のレッスン