エクササイズ前にボディマッピング。
骨模型ジュリーちゃんをモデルに、
各自、頸椎から始まって、肺、鎖骨、肩甲骨、胸椎、肺、腰椎、腸骨、仙腸関節諸々を
手で触って確認。

第1頸椎は思ったよりも高い位置にあり、それが明確になるだけでスカッと頭が高くなりました。
肺は胸椎の1番から8番辺りまで。こちらも想像以上に大きく、
絵で見ると「うわ~でかッ!」と、この瞬間から呼吸が深くなります。
明確なイメージが頭に入るだけで体が反応します。

マッピングで諸々の位置、動く方向が確認出来た上でエクササイズ。
より体を正確に使うことが出来、更にエクササイズで関節包の滑りも良くなっているので、
動きの精度がぐんと増します。
この段階でバーレッスンをすると可動域が上がってるわ、ルルベが高くなるわで、
物凄くバレエが上達した気になります(*^^)v いや実際にそうなってるので;
ただ、時間が経つにつれ元の状態に戻ってしまうので、
エクササイズは出来るだけ毎日行いたいところ。

毎日といえば、朝起きぬけエクササイズの宿題を出しましたが、
実際に毎日実行する人はさていかに?次回成果報告を聞くことにします。



[PR]
by lesson-note | 2018-04-17 02:10 | JSAボールエクササイズ

仙腸関節、腰仙関節をスモールボールを使って滑らかに。
仙骨の動きが良くなった所で腹筋を少々。
腹筋を鍛える訳では無いので、たったの300回ほど(嘘です)

腹筋で仰向けから上体が起こせない人は、腹筋が弱い、というより、
仙骨の動きが鈍っているのが原因、というケースがよくあるようです。

仙骨の修正をし、するする腹筋が出来る状態になれば、
過剰にトレーニングしなくとも腹筋、強くなります。
腰椎の弾力が出ることで腰痛も起こさなくなります。
スカッと体が整いますネ。

我がスタジオでのJSAエクササイズ、昨年の3月からスタートし1年になりました。
月1回なのであっという間ですが、
続けているメンバーはどんどん動きの質が上がっています。
感覚の意識レベルが高くなったというか。
それが踊りの質感になります。ご覧の通り、ですよね。
自分も感覚レベル、必死に上げていかねばです。



[PR]
by lesson-note | 2018-03-27 04:06 | JSAボールエクササイズ

エクササイズの最初は姿勢と呼吸を確認。
試しに、わざと猫背にしたり、胸張りにしたりの呼吸。
横隔膜、胸郭が正しく動かせなくなり、
これだけで呼吸が浅くなることが分かります。

バレエを踊る上でも、呼吸は重要です。
浅い呼吸で動き続けたらたちまち酸欠になります。
表現においても、呼吸を使った動きは安定感があり、少しの力で大きな表現が出来ます。
なので、正しい姿勢と呼吸が出来ることは絶対です。

体が柔らかい人ほど、胸郭が上手く使えないことが多いです。
体が曲がるからといってバッタンと勢いよく倒さず、
肋骨一本一本に意識を入れ、扇を開くように、閉じるように動かします。
意外に難しいですよー;

エクササイズを継続されている人の姿勢がどんどん変わってきています。
姿勢が変わると動きの質も格段に変わりますね。
次回はどれだけ変わってくれるかな?と、楽しみでもあります。


[PR]
by lesson-note | 2018-02-26 22:48 | JSAボールエクササイズ

今回は、エクササイズを始める前にイガイガボールで腰、殿筋をマッサージ。
筋肉の深層部分をリリース、よりエクササイズの効果を高めます。
思った以上の凝りにあちこちから「う”~~」の声。。

体中にある関節は全部で260ほどもあります。
でも普段から260個の関節を使って歩こう、とか、走ろう、などとは考えませんよね。
考えなくても体は動かせるし、いちいち考えながら動いてたら電車もトイレも間に合わない;

が、、バレエでは、綺麗な関節動作が出来ることが前提です。
コントロールの効いた関節ですね。
それも音楽に合わせて役柄を演じながらですので、もう至難の業です。

この時間は、形を覚えたり筋力増強というのでなく、
綺麗なコントロールの効いた正しい関節動作の習得に集中します。
筋肉は関節を動かす道具、と捉えます。
正しく関節を動かすには、正しい姿勢が絶対、体の左右前後を並行・均等・対称に置きます。
イヤでも姿勢、良くなります。

ボールのエクササイズを続けていたら、姿勢が良くなった、肩の力が抜けた、
という段階で、関節動作もかなり綺麗になっています。
回数を重ねるにつれ、変化していく様子を見届けるのも楽しいです。



[PR]
by lesson-note | 2018-01-23 02:08 | JSAボールエクササイズ

今年最後のJSAボールエクササイズを行いました。

日常生活で、ちょっとした時間にも仙骨を動かす練習が出来るよう、
壁を使ってエクササイズを行いました。
スモールボールを壁にあてて背中向き、仙骨でボールを転がします。
この仙骨が動かず膝の屈曲になってしまい、なかなか難しいですが、
仙骨の滑らかさが出るようになると、腰も背中も柔軟性が一気に上がります。

仙骨と併せて、仙腸関節の動きの練習。
バレエで不可欠な股関節外旋。マット上で、ボールに骨盤を乗せます。
股関節だけではなく仙腸関節が動いて、腿を固めず安定した外旋が出来ます。
仙腸関節の滑りを意識しながらのプリエ、パッセが、思った以上に楽に動きます。

スモールボールの威力に、今更ながら感激してしまいますが、
ボールはツールの一つで体を動かすのはあくまで自分。
ほぐれたからもういいや~、ということでなく、リセットそして反射が良くなった所で、
アライメントや、関節動作の意識レベルを高めていけたらと思っています。

1月は28日(日)予定。


[PR]
by lesson-note | 2017-12-11 21:59 | JSAボールエクササイズ

今回は、仙腸関節と共に椎間関節へのアプローチを主に行いました。

バレエのみならず、他のダンスやスポーツでも、
どれだけ脊柱にしなやかさがあるかで、パフォーマンスの質に大きな差が生まれます。

筋肉の強さで無理矢理“捻る”“押し込む”…をし続けた結果、
パフォーマンスどころか、酷い腰痛を起こしてしまっている方が本当に多いです。
体が固いから、でなく、脊柱の動かし方を間違えてしまっているから、です。

スモールボールを使って、脊柱のしなやかさを出す練習をしていきますが、
ボールはあくまで関節の押圧をかけているだけで、脊柱を動かすのは自分。
関節が滑らかになったところで、正しい動作を徹底的に体に覚えさせます。

時間はかかりますが、根気強くエクササイズを続けている方は、
体の感覚レベル、確実に上がっています。
JSA を続けて良かった! 

ということで、次回は日を置かずに2週間後。
今年のまとめをします。


[PR]
by lesson-note | 2017-11-29 03:21 | JSAボールエクササイズ

2週連続の台風ともあって、体への影響もあちらこちらに出ているようでした。
表面に出てきやすいのは、肩それに腰、でしょうか。あとは各自の弱い所諸々。
そんなこともあって、今回は肩関節、仙腸関節の詰まりを徹底的に緩めました。

特に骨盤のエリアは、上肢と下肢を結ぶ重要な所で、
その中でもバランスを左右するのが仙腸関節。
ちょっとした体のクセで歪みや詰まりが起き、動きの制限の原因になります。

1時間少々のエクササイズで制限が解消されていくのが実感出来ます。
誰かが治してくれるのでなく、体自身が良くなっていこうという力が働いている証拠です。
今一つ変化が無いと思ったら、良くなっていこうとする力が落ちている証拠。
分かりやすいですねー

動きの制限が解消された所で、あ~良かった~ で終わってしまっては、
また自身のクセで元に戻ってしまいます。
無駄な力の抜けた正しい関節動作を覚えさせることが、このエクササイズで最も重要です。
時間はかかりますが、努力次第で確実に習得できます。


[PR]
by lesson-note | 2017-10-30 21:04 | JSAボールエクササイズ

前回から更に初心に戻って、『動かない』ことからスタート。
無駄な力や緊張を解いていきました。

知らずに力んでしまっている部分がどこがしか見付かります。
肩、首、顎、腿、等々。
眉間にシワが寄っていることも多いです。緩めて緩めて・・

今回は肩コリさんが多かったので、
エクササイズの効果をより高めるストレッチを最初に入れました。
これだけでもかなり肩の可動域が上がったのを実感。シメシメっ
私のお気に入りでもあるストレッチです。

力みが抜けると、関節の動きがよく感じられるようになります。
次段階として、ボールを下に関節をがむしゃらにではなく、
スルスル滑らせて動かします。
これだけの力でいいの?という位小さな力で体を動かせます。
この段階でバーレッスンをすると実感出来ます。が、割愛(笑)

仕上げはボールを枕にして頸椎のエクササイズ。
首が本当によく動くようになります。シェネをしながら帰りたくなります。
家でも出来るのでこれは毎日是非。

今回は力を抜く~関節の滑りを感じ取る所までを中心に行いました。
次回は10月29日、重心、軸の感度を上げる練習を予定。


[PR]
by lesson-note | 2017-09-25 22:39 | JSAボールエクササイズ

回数を重ね、少しずつ難易度が上がっていましたが、
初参加の方が加わり、初心に戻って“力を抜く”ことを主にエクササイズを行いました。

JSAの特徴として、関節に圧をかけることで関節そのものの動きが滑らかになります。
誰かに手を加えてもらうのでなく、自分ですることで安全にエクササイズが行えます。
触れられるのになかなか抵抗感のある胸鎖部、鼠径部にはとても有効で、
効果も得やすい箇所です。

効果が・・とは言っても、長い間かけて固まっていった関節を、
1回で良くすることは出来ません。
動かし方の習慣を変えることは並大抵ではなく、
同じ位時間をかけて良くしていこう、という気構えで。



[PR]
by lesson-note | 2017-08-21 12:37 | JSAボールエクササイズ

本講座、5回目となりました。

今回の新技(!)。首の可動域を復活し、正しく動かすエクササイズとして、
首の根元の肋椎関節に焦点を当てました。
ここが固まっている人、多いです。分かりやすく言うと肩こり。
長時間のデスクワークやスマホ使用などで、首へのストレスをかけ続けることで、
周辺の筋肉が固くなってしまっています。
放っておくと神経が圧迫されて腕のしびれを起こすようになります。

バレエでは首の動きは必須なのですが、
首が動かないが為に体重移動や回転がうまくいかなくなっています。
勿体無い勿体無い;

ということで、エクササイズで肋椎のストレスを取り、可動域を復活。
頭の位置が正しくなり、体重がまっすぐ下り、
移動、回転がびっくりする位容易になります。腰痛、膝痛なども軽くなったかと。

次回もまた首を中心に、背中、股関節と、正しく動かすためのエクササイズを行います。
90分はあっという間、単なる”運動”で終わってしまわない様、
また、家で毎日出来るよう(やって下さいねー)シンプルなエクササイズを心がけます。

* * * * * * * *

JSAボールエクササイズに巡り合って、今月で丁度5年が経ちました。
何度かご紹介したとおり、開腹手術のリハビリがてら(腰痛、背中痛、膝痛あちこち・・)
たまたま日程が合って受講したのが最初だったのですが、
エクササイズのシンプルなことに感激し(私でも覚えられる;)、
エクササイズを開発した中尾先生のお人柄と熱意に惹かれて、今日に至っています。
お陰様で腰、背中、膝共に一つも痛い所無くバレエを続けられています。感謝。


[PR]
by lesson-note | 2017-07-24 23:30 | JSAボールエクササイズ